無料プレゼント:大きな成功を収めたリーダーたちの「8つの共通の考え方」と「4つの秘策」

記録に信頼のおける2000年前から今に到る、リーダーや組織を調べて発見した、不思議な事実があります。

 

 

それは、時代や業種、国や組織規模に関係なく、卓越した成功を手に入れ、かつ維持継続したリーダーや組織

 

例の一端を挙げると、アレキサンダー大王から始まり、ナポレオン、ロックフェラー、ジョブス、アメリカ合衆国、スタンダードオイル社などは、まるで不思議な法則性や規則性があるかのように、共通した、人のモチベーションを引き出し、効率と生産性を高め、ひいては能力と成果を向上させる

 

・内政(内部のあらゆる仕組みやルール)

・外交(外部で行われる全ての交渉や利益獲得行動)

統率(マネージメント)

 

これら3つの手法が卓越した成功を手に入れ、そして維持継続できた根幹になっていること

 

 

その逆に、壊滅的な失敗をしたリーダーや組織

 

例の一端を挙げると、晩年のナポレオン、晩年のフォード、ヒトラー、晩年の帝国(ローマ、モンゴル、日本)、リーマンブラザーズなどは、共通した、人のモチベーション、それと同時に効率と生産性、ひいては能力と成果までも最低レベルに下げる、行ってはいけない「内政」「外交」「統率」の手法を行い続けた蓄積で、その結果へと到っています。

 

 

更に言えば、彼ら彼女らの成功と失敗を分けた一番の根幹は……

 

時代も業種も組織規模も関係なく、組織と人に対する「8つの考え方」と「4つの秘策」を身に付け、それに則して「内政」「外交」「統率」の手法を実践していたか否か

 

ということがわかりました。

 

また、それは特別なものではなく、模倣、習得そして実践が可能なものですが、長い長い時間をかけて醸成された、いわゆる常識や慣習といったものに埋もれ、気付くのが非常に困難なものでもあります。

 

無料プレゼント(一切の録音を禁止します)

※この音声データの一切の録音、他媒体へのアップロードを禁じます。もしも発覚した場合、法的対処を行います。

 

※シンキングタイムは波音を入れています。ぜひリラックスしながら考えてみてください。

日本の労働時間と労働生産性の相関性

※まずはじめにお聴きください。知りたくない残酷な真実ですが、これを知ることで今後における会社経営の方針の一考になります。


☆8つの共通の考え方

0.最初の説明


違いその1.〇〇に対する着眼点


違いその1.内容を深める質問とシンキングタイム


違いその2.自分たちが行っている〇〇や〇に対する認識


違いその2.内容を深める質問とシンキングタイム


違いその3.〇〇の重要性と有用性の理解


違いその3.内容を深める質問とシンキングタイム


違いその4.〇〇が及ぼす〇の理解


違いその4.内容を深める質問とシンキングタイム


違いその5.〇〇と〇に対する認識


違いその5.内容を深める質問とシンキングタイム


違いその6.〇〇と〇の関連性に対する認識


違いその6.内容を深める質問とシンキングタイム


違いその7.〇が及ぼす影響と成果に対する認識


違いその7.内容を深める質問とシンキングタイム


違いその8.〇に対する意識


違いその8.内容を深める質問とシンキングタイム


☆4つの秘策

4つの秘策、それを深める質問とシンキングタイム


☆全てのプログラムの内容の一部

B.提供する内容の一部


方法1.提供する内容の一部


方法2.提供する内容の一部


方法3.提供する内容の一部


方法4.提供する内容の一部


方法5.提供する内容の一部


方法6.提供する内容の一部


方法7.提供する内容の一部


方法8.提供する内容の一部


方法9.提供する内容の一部