方法04.成功者の会社システムの秘密

卓越した成果を手に入れ「維持継続」するために、全ての部下が高いモチベーションを保つとともに、効率と生産性を高め、今以上の成果を上げてほしい経営者である「あなた」

 

 

2000年前から今に到る、全ての部下が高いモチベーションを保つとともに、高い効率性と生産性を上げていた組織のリーダーたちは、「全ての部下のモチベーション、そして効率性と生産性を上げる組織の仕組み」を秘密裏に使っていたことがわかりました。

 

そして、その「仕組み」は、同じ方法を用いて成果を上げたリーダーが数多くいることから、とある「方法」に従うことで「誰でも」「模倣」そして「実践」できるものであることも…

 

 

この方法は、彼ら彼女らに共通する、「全ての社員のモチベーション、そして効率性と生産性を上げる会社の仕組み」の中でも、「現代の企業経営者が実践可能なもののみ」を抜粋した内容をお伝えするものです。

 全ての文中に 、過去のリーダーや組織の例を多々挙げていますが、その中に最近のリーダーを入れていない理由は、その大半がまだ存命なため、会社についても同様で、まだ存続しているため、例として詳述することを避けているという理由からです。 

 

実業家だけではなく政治家や軍人、会社だけではなく国家や軍を含んでいる理由は、リーダーとして部下のマネージメントを行い、組織を引っ張っていくことの本質に、ビジネスとの違いは全く存在しないという理由からです。(加えて言えば実業家に比べ、政治家や軍人の方が率いる人数、組織規模、結果が遥かに大きいため、彼ら彼女らから学び模倣できることは非常に多くあります。)

 

※詳細な提供内容、提供時間割と提供時間のリンク、お申込みページへのリンクにつきましては、最下部に記載しています。

会社の成果を上げているのは社員一人一人であり、その成果の根幹となっているものがモチベーションです。

 

そのモチベーションは、上司からのマネージメントによっても上がりますが……

 

上司という「人」に頼ることなく、自動的に上げることができるものが

 

「会社の仕組み」

 

です。

 

 

部下一人一人のモチベーション、効率、生産性は、「会社の仕組み」次第で、大幅に上がることもあれば、目も当てられないくらい下がることもあります。

 

 

良い会社の仕組みは、社員一人一人を尊重し、効率と生産性を「社員個々人の努力に関係なく」上げることを可能にすることで、卓越した成果を上げる近道になります。

 

時代を問わず、卓越した成果を上げたリーダーたちは、組織全体で上げる成果と組織のしくみの関係性と重要性を知っていたため、あらゆる手段を使って、組織の仕組みをつくることに力を入れていました。

 

 

2000年前より今に到る、あらゆる分野の卓越した成功を手に入れたリーダー…

 

その中でも、全ての部下が高いモチベーションを持ち続けていた組織のリーダー

 

一例を挙げると

 

アレキサンダー大王、ハンニバル、劉邦、チンギスハーン、エリザベス一世、徳川家康、ナポレオン、ロックフェラー、カーネギー…

 

以上を筆頭にした人は共通して、とある

 

1.部下のモチベーションを高める組織の仕組み

 

2.部下の効率と生産性を高める組織の仕組み

 

を使うことで卓越した成果を上げていることがわかりました。

 

彼ら彼女らは、それによって、部下のモチベーションを高め、持続させるとともに、高い効率と生産性を生み出し、それによって、各々のゴールを最短で達成かつ維持継続しています。

 

 

 

1.部下のモチベーションを高める組織の仕組み

 

 

人のモチベーションと成果には密接な関係があります。

 

同じ人が高いモチベーションで仕事をした場合、そうでない場合と比べて、効率性や生産性が高まるとともに、高い成果を上げることができます。

 

 

そして、社員一人一人のモチベーションを左右する要素が2つあります。

 

1.上司のマネージメント

 

2.会社の仕組み

 

この2つです。

 

 

1と2は切り口が異なります。

 

は、上司という人間が行うマネージメントなので、非常に主観的なものです。

 

なので、その人その人によって部下へのアプローチ手法に違いがありますし、人によってリーダー適正があるかどうかも存在します。

 

 

リーダー適正があり、かつ、各部下ごとに最も適したアプローチを行うことができる上司のマネージメントは部下のモチベーションを上げます。

 

ですが、リーダー適正が無く、かつ、各部下に全く適していないアプローチを上司が行った場合、そのマネージメントによってモチベーションを下げることもあります。

 

なので、部下のモチベーションを上司という「人」からのマネージメントに頼り切るだけではなく、会社を機械的に統制する「仕組み」が必要になります。

 

 

会社の仕組みは、人によるものではなく、ただ存在する規則やシステムなので、人ごとのアプローチの違いはなく、ただ、全員を同じように統制するものです。

 

この会社の仕組みが練られていればいるほど、そもそも適性があるかどうかも分からず、アプローチも異なる、上司という人間のみに部下のモチベーション管理を任せっきりにすることなく、会社の仕組みに則して自動的に部下のモチベーションを高め、そして保ち続けることができます。

 

 

卓越した成功を手にしたり、その逆に、壊滅的な失敗をしたリーダーは数えきれないほど存在しますが、それらは、部下のモチベーションを高め、そして保ち続ける会社の仕組みがあったか否かが、その結果を大きく分けています。

 

例えば、元寇までは平安・鎌倉時代の武士たちは、「御恩と奉公」という組織の仕組みがあったことが彼らのモチベーションを支え、反乱を防いでいましたが、元寇後にはこれが崩れ、「御恩」すなわち報酬が支払われなかったために、鎌倉幕府崩壊の一因となりました。

 

ナポレオンは、あの時代に身分に関係なく、上げた成果に報いる組織の仕組みがあったことが、彼が卓越した成果を上げることができた一番の理由ですが、凋落時には、部下への猜疑心や嫉妬によって、組織の仕組みを無視し、その役割をこなす能力を持っていない人物をその役割につけたり、その役割を持っている人物をその役割から更迭したために、悲劇的な末路をたどりました。

 

 

部下のモチベーションを高める会社の仕組みを取り入れ、きちんと運用することができれば、それがない場合と比べて、何倍、何十倍もの成果を上げることができる可能性も大いにあります。

 

 

 

2.部下の効率と生産性を高める組織システム

 

 

人の成果と、効率そして生産性には密接な関係があります。

 

仕事の効率が上がれば生産性もまた上がり、それに応じて成果も上がります。

 

 

仕事の効率と生産性を上げる方法は2つあります。

 

1.各それぞれの効率と生産性を上げるための努力

 

2.会社の仕組み

 

この2つです。

 

 

1と2は切り口が異なります。

 

は、各それぞれの人間の努力です。

 

これは主観的なものなので、その人その人によって努力に対する考え方、量、方法の違いがありますし、ある人が効率と生産性を上げられた方法が、別の人に適するとは限りません。

 

 

会社の仕組みは、人によるものではなく、ただ存在する規則やシステムなので、自動的に全員の効率と生産性を上げるものです。

 

この会社の仕組みが練られていればいるほど、会社の仕組みに則して自動的に部下の効率と生産性を上げ、そして保ち続けることができます。

 

 

卓越した成功を手にしたり、その逆に、壊滅的な失敗をしたリーダーは数えきれないほど存在しますが、それらは、部下の効率と生産性を高め、そして保ち続ける会社の仕組みがあったか否かが、その結果を大きく分けています。 

 

部下の仕事の効率と生産性を上げる会社の仕組みを取り入れ、きちんと運用することができれば、それがない場合と比べて、何倍、何十倍もの成果を上げることができる可能性も大いにあります。

 

 

上記の1と2を踏まえて、会社の成長のためには、常に社員全員に更なる成果を発揮してもらう必要があります。

 

ですが、人は常に同じ作業を続ける機械とは違い、周囲の状況や自分の精神状態、体調次第で、モチベーション、そして効率と生産性に差が生じる不安定な存在です。

 

状況や精神状態、体調が良い時は大きな成果を上げますが、悪い時は目も当てられない成果を出すこともあります。

  

この点、人は機械にはるかに劣りますが、人だからこそ、機械にできないことができることも事実です。

 

  

機械はプログラムされた設定以上の成果を上げることはできませんし、新しいアイデアを生み出すことはできません。

 

ですが、 人は、「想像力」をもって、現時点では人にしかできない、0から何かを創ることができる「創造力」を持っています

 

 

 

そして、卓越した成功を手に入れたリーダーや組織を調べてみると……

 

人は、報酬と合理性が組み合わさった時に「最大のモチベーションと効率、そして生産性を発揮」しています。

 

そのため、部下にモチベーションと効率、生産性を上げてもらうには…

 

1.このプログラムで伝えている「法則」に従った報酬の仕組み

 

2.このプログラムで伝えている「法則」に従った合理的な会社の仕組み

 

この2つが不可欠になります。

 

 

この2つの仕組みはどちらが欠けても上手く機能しません。

 

 

報酬の仕組みしか機能せず、合理的な会社の仕組みが機能していなければ

 

例えば、今までやってきて慣れてはいるが、時間がかかりすぎたり、成果があまり上がらない手法を使ったりと、非合理的な手段を使い続けるようになります。

 

 

逆に、合理的な会社の仕組みは機能しているが、報酬の仕組みが機能していなければ、上げた成果に対する報酬が見合わなくなります。

 

ともに、モチベーションは下がり、ひいては、効率と生産性も下がります。

 

 

この2つとも、それに加えて

 

成果に対する報酬が少ないこと

 

非合理的な手段を使い続けることによるストレス

 

この2つで、普通の社員だけではなく、特に「優秀な」社員が「真っ先に」離職する大きな原因となります。

 

なぜなら、彼ら彼女らはその優秀さゆえに、その会社の仕組みの非合理さ、自分が上げた成果に対する報酬の見合わなさに、すぐに気付くからです。

 

 

なので、どちらか一方ではなく、両方を上手く組み込み機能させる必要があります。 

 

この両方を組み込み、卓越した成果を上げた例を挙げると

 

織田信長は、規制を完全に撤廃して自由な商業活動を行えるようにしたり、出自や経歴に関係なく成果を上げた者に富や重要な役職を与えた結果、戦国一とも言われる富を築き、羽柴秀吉や明智光秀といった出自や経歴は不確かですが能力の高い人物達のモチベーションに火をつけたため、当時最強の軍を創り上げました。

 

後継の豊臣秀吉も織田信長の手法を取り入れ、惜しげもなく金や役職を与えた結果、戦国時代の統一に成功しました。

 

ヘンリー・フォードは「日給5ドル」という従来の賃金の2倍を支払い、そして労働時間も減らして、従業員のモチベーションを大きく上げた結果、大きな成果を上げることに成功しました。

 

 

卓越した成果を上げたリーダーたちは、組織が成果を上げることができるか否かは、人のモチベーション、効率、生産性で決まり、これらの向上は、このプログラムで伝えている「法則」に従った報酬の仕組みと、組織の仕組みに支えられていると知っていました。

 

 

それに知っていたからこそ、報酬と合理性によって構成された仕組みをマネージメントに組み込み、卓越した成果を上げていたのです。 

 

 

そして、時代や業種に関係なく、部下のモチベーションを高め、そして保ち続けるとともに、効率と生産性を上げる組織の仕組みを取り入れ、きちんと運用していた数多くのリーダーの手法が共通のものであることから…

 

彼ら彼女らが行っていた「部下のモチベーションを高め、そして保ち続けるとともに、効率と生産性を上げる組織の仕組み」には、このプログラムで伝えている「法則」が存在し、それらの法則に従えば、「業種や規模に関係なく」「どの会社でも」その方法を「模倣」「実践」することが可能です。

 

 

会社で目的を達成するために、最も重要なファクターが3つ存在します。

 

 

それは

 

目的を達成するために必要な、そして、会社の存続のために必要な「金」

 

目的を達成するまでにかかる「時間」

 

目的を達成するために必要な「労力」

 

 

この3つです。

 

 

この「方法04.成功者の会社システムの秘密」は3つのチャンスを創ります。

 

 

その3つのチャンスとは、今までにやる気、チームワーク、成果を上げ、目的を達成するために使っていた…

 

 

金を遥かに抑え、かつ今まで以上の金を手にし、

 

達成までの時間を遥かに短くし、労力を格段に減らせる、

 

というチャンスです。 

 

 

最後にもう一度…

 

部下一人一人のモチベーション、効率と生産性は、「会社の仕組み」次第で、大幅に上がることもあれば、目も当てられないくらい下がることもあります。

 

良い会社の仕組みは、社員一人一人を尊重し、効率と生産性を「社員個々人の努力に関係なく」上げることを可能にし、それによって卓越した成果を上げる近道になります。

 

時代を問わず、卓越した成果を上げたリーダーたちは、組織全体で上げる成果と組織の仕組みの関係性と重要性を知っていたため、あらゆる手段を使って、組織の仕組みに力を入れていました。

 

 

2000年前より今に到る、あらゆる分野の卓越した成功を手に入れたリーダー…

 

その中でも、全ての部下が高いモチベーションを持ち続けていた組織のリーダーは共通して、とある

 

1.部下のモチベーションを高める組織の仕組み

 

2.部下の効率と生産性を高める組織の仕組み

 

を使うことで卓越した成果を上げていることがわかりました。

 

彼ら彼女らは、それによって、部下のモチベーションを高め、持続させるとともに、高い効率性と生産性を生み出し、それによって、各々のゴールを最短で達成かつ維持継続しています。

 

 

卓越した成果を手にし、その成果の維持継族をするために…

 

業種や規模に関係なく、全ての部下が高いモチベーションを保つとともに、効率と生産性を高め、今以上の成果を上げてほしい経営者である「あなた」

 

「方法04.成功者の会社システムの秘密」では、2000年前より今に至る、全ての部下が高いモチベーションを保つとともに、高い効率と生産性を上げていたリーダーに共通する、成功を支えた「組織の仕組みの秘密」の中でも、「現代の企業経営者が、模倣かつ実践できるもののみ」を抜粋した内容をお伝えします。

 

 

講座内容

 

☆1.社員の「モチベーション、効率、生産性を限界を超えて引き出す」報酬システム

 

  -1.社員に対しての概念

 

  -2.資本主義vs.共産主義

 

  -3.模倣

 

  -4.人が動く4つの根本理由

 

  -5.3つの例から見る「対価報酬」と「特別報酬」の仕組み

 

 

☆2.社員の「モチベーション、効率、生産性を限界を超えて引き出す」会社システム

 

  -1.「決定しない会議」から「決定する会議へ」

 

  -2.効率と生産性が最低ランクの残業と、サービス残業における発想の転換

 

  -3.アレキサンダー大王の学習プロセス

 

  -4.部署の構成人数において、最も効果を発揮するようになる最小単位について

 

  -5.効果的な目標達成と、人間の限界集中時間を考慮に入れた勤務時間について

 

  -6.常に革新を生み続けるようになる、トップ陣の選定方法の仕掛け

 

   -a.最重要な4つの設定

 

   -b.ケースモデル:米軍vs.旧日本軍

 

   -c.青年vs.壮年

 

  -7.モチベーション、効率、生産性を左右する「健康」の4つの仕組み

 

   -a.完全な健康状態をつくる4つの仕組み

 

  -8.立場の弱くなりがちな社員が、大きな効果を発揮できる革新的な労働形態

 

   -a.女性・母子・父子家庭の雇用

 

     -1.子育てサポート

 

     -2.2つの選択肢とその意味

 

     -3.女性幹部の登用のメリットと2つの条件

   

              -4.障がい者、病人、妊婦の雇用

 

      -b.外国人、マイノリティーの雇用

 

     -1.仕組みと注意点

 

  -9.モチベーションと社員同士の連携を最大にする「11の仕掛け」

 

  -10.疲れを短時間で回復させ、パフォーマンスを回復させる休憩方法

 

  -11.一人一人の「臨時即応能力」を高めるマーシャル大将の訓練システム

 

  -12.その役職における能力が高く、成果を上げているが、上の役職の適性がない人の「扱い方」

 

  -13.卓越した成果を上げるために必要不可欠な、3つの工程からなる社員の「定量化」

 


 

価格(税込み)

 

88,000円

 

全プログラムはこのホームページでのパスワード保護された「プログラム提供ページ」と、そのリンク先の「各プログラムの提供ページ」にて、音声によって提供を行っております。

 

ご入金を確認した後に

 

「プログラム提供ページ」 

「各プログラムの提供ページ」

 

この2つのパスワードをメールにてお伝えいたします。


大変申し訳ございませんが、基本的に電話応対は応じておりません。

 

解決内容や対象者、提供方法といったことは、全て説明文中に詳細に記載しています。

 

また、サービスや、よくあるご質問につきましても同様に、リンク先にて記載しています。

 

それでも不明な点等ございましたら、お問い合わせフォームにてご質問をよろしくお願いいたします。