方法01.成功者の人事の秘密

卓越した成功を「確実に」手に入れるために、その地位に就けることで大きな成果を上げる人を見抜いて昇進させ、即戦力となる新入社員を雇いたい経営者である「あなた」

 

 

2000年前から今に到る、昇進させた部下がみな大きな成果を上げ、また、新しく迎え入れた人がみな即戦力となった、組織のリーダーたちは、共通の「人事の秘密」があったことがわかりました。

 

そして、その「人事手法」は、同じ方法を用いて成果を上げたリーダーが数多くいることから、とある「方法」に従うことで「誰でも」「模倣」そして「実践」できるものであることも…

 

 

この方法は、彼ら彼女らに共通する、「その役職や役割に最も適した「才能と能力」、そして「性格」を持った人を見つけ、差配する方法」の中でも、「現代の企業経営者が実践可能なもののみ」を抜粋した内容をお伝えするものです。

 全ての文中に 、過去のリーダーや組織の例を多々挙げていますが、その中に最近のリーダーを入れていない理由は、その大半がまだ存命なため、会社についても同様で、まだ存続しているため、例として詳述することを避けているという理由からです。 

 

実業家だけではなく政治家や軍人、会社だけではなく国家や軍を含んでいる理由は、リーダーとして部下のマネージメントを行い、組織を引っ張っていくことの本質に、ビジネスとの違いは全く存在しないという理由からです。(加えて言えば実業家に比べ、政治家や軍人の方が率いる人数、組織規模、結果が遥かに大きいため、彼ら彼女らから学び模倣できることは非常に多くあります。)

 

※詳細な提供内容、提供時間割と提供時間のリンク、お申込みページへのリンクにつきましては、最下部に記載しています。

「性格」

 

「才能」

 

「能力」

 

この3つが人の成果を決めている根本です。

 

 

全ての人には必ず何かしらの「才能」や「能力」があります。

 

そして、その才能や能力を発揮する際に、どのような選択肢を採り、どのような意思決定を行うのかは、最終的に「性格」がその全てを決めています。

 

 

社員一人一人を「才能や能力、そして性格に最も適した役職や役割」に差配できるか否かで、大きな成果を上げることもあれば、その逆に目も当てられない成果を上げるどころか、壊滅的な損害をもたらすこともあります。

 

 

なので、部下一人一人の才能と能力、そして、性格特性を見抜き、その人が最も持っている力を発揮できるような、本当に効果的な人事ができれば、凄まじい成果を上げる近道になります。

 

時代を問わず、卓越した成果を上げたリーダーたちは、部下が上げる成果と才能や能力、そして性格の関係性と重要性を知っていたため、あらゆる手段を使ってそれを見抜き、最も適した役職や役割を差配することにとてつもない力を入れていました。

 

 

2000年前より今に到る、あらゆる分野の卓越した成功を手に入れたリーダー…

 

その中でも、昇進させた部下がみな大きな成果を上げた、新しく迎え入れた人がみな即戦力となった、組織のリーダー

 

一例を挙げると

 

アレキサンダー大王、ハンニバル、劉邦、チンギスハーン、エリザベス一世、徳川家康、ナポレオン、フリードリヒ2世、ロックフェラー、カーネギー…

 

以上を筆頭にした人は共通して

 

1.その役職や役割に最も適した「才能と能力」を持った人を見つけ、差配する能力

 

2.その役職や役割に最も適した「性格」を持った人を見つけ、差配する能力

 

この能力が高いレベルにあったことがわかりました。

 

彼ら彼女らは、その役職や役割に最適な人に、その仕事の全てを任せたことで、その人たちは大きな成果を上げ、それによって、リーダーたちは各々のゴールを最短で達成かつ維持継続しています。

 

 

 

1.その役職や役割に最も適した「才能と能力」を持った人を見つけ、差配する能力

 

 

~才能は替えが効かない。努力や他の美点で埋め合わせることはできない~

 

作家オルダス・ハクスリー

 

 

当たり前のように起こることですが……

 

下の役職で大きな成果を上げ、それによって昇進したにもかかわらず、昇進した後に全く成果を上げることができなかったり、それどころか壊滅的な失敗をした人は、その役職での才能や能力が無かったのが全ての原因です。

 

その逆に、下の役職や、その役割ではパッとしなかった人が、上の役職に就いてから、配置転換されてから卓越した成果を上げた例は、前の役職や役割の才能は無かったけれども、上の役職や別の役割における突出した才能があったということです。

 

 

全くそのことをやったことが無かった人が卓越した成功を手にしたり

 

その逆に、大きな成果を上げて昇進した後に成果をあげることができなかったり、それどころか壊滅的な失敗をした例は数えきれないほど存在します。

 

 

例えば、凋落時のナポレオンは離反や裏切りを恐れてそれができなかったことで、全てを失う悲劇的な最期を遂げていますが、全盛期は本当に能力のある人物を、出自や現在の役職に関係なく将軍に任命し、最適な役割を与えることで卓越した成功を手にし、維持継続していました。

 

ナポレオン配下の元帥(会社の執行役員クラス)ジョアシャン・ミュラ=ジョルディという人物は、元帥になるまでは、屈指の騎兵指揮官として卓越した成果を上げていましたが、元帥に昇進してからは、判断力や決断力に欠け、失策が目立つようになりました。

 

他の配下の元帥、ローラン・グーヴィオン=サン=シールという人物は、同じ戦争でも攻撃戦は不得手でしたが、防御戦では卓越した成果を上げていました。

 

 

上の役職に行けば行くほど、言うなれば、人の上に立ち、指揮采配する才能や能力ほど、稀有なものになります。

 

そして、下の役職や今やっていることと全く違うからと言って、上の役職や違うことを行う才能や能力がないとは限りません。

 

 

その役職や役割で行うこと、必要な才能や能力は、それぞれによって全く異なります。

 

上記の例のように、才能や能力は、役職や今やっていること、そして、現時点で上げている結果とは全く何の関係もありません。

 

 

成果を上げた人達を数多く調べてみると、その立場で成果を出すために必要な能力は「素質次第」であり、努力で到達できるものではない、ということがわかります。

 

 

努力で到達したという人は、あくまで、元々その素質が備わっていたからに過ぎません。

 

  

トーマス・エジソンの有名な言葉に「天才は99%の努力と1%の才能だ」とあります。

 

ですが、これは真実の言葉が残酷すぎて記者が意図的に誤った内容を伝え、それが真実であるかのように広まったのがこの言葉です。

 

 

実際に彼が言った本来の言葉は、「1%のひらめきがなければ99%の努力は無駄になる」という残酷な真実です。

 

 

言わば、その「1%のひらめき」が頭に浮かぶか否かが「素質」や「才能」であり、「素質」や「才能」が全ての成果を分けます。

 

 

 

卓越した成功を収めたすべてのリーダーに共通すること……

 

それは、その役職や役割をこなす才能や能力のある人を最適な場所に配置し、その人たちに独立裁量権を与え、その力を十二分に発揮させたことです。

 

その才能や能力を持っている人を「適材適所に配置」することができれば、その才能や能力を持たない人が犯す可能性がある壊滅的な失敗を確実に回避し、彼ら彼女らの何倍、何十倍もの成果を上げることができると言っても過言ではありません。

 

 

 

時代や業種に関係なく、昇進させた部下がみな卓越した成果を上げた、また、新しく迎え入れた人がみな即戦力となった、数多くのリーダーの手法が共通のものであることから…

 

彼ら彼女らが一貫して守っていた「その役職や役割に最も敵した才能や能力を持つ人」の基準には、このプログラムで伝えている「基準」が存在し、それらに従えば、「誰でも」そのような人材を、見つけ、配置することを「模倣」「実践」することが可能です。

 

 

2.その役職や役割に最も適した「性格」を持った人を見つけ、差配する能力

 

 

世界の大舞台で連勝できた要因は、超負けず嫌いな性格だから。それと「何が何でも金メダルが欲しい」という動機~

 

女子レスリング 吉田沙保里

 

 

 

才能や能力によって人は成果を上げますが……

 

その才能と能力を行使する際、最終的に、その選択と意思決定の全てを決めるものが「性格」です。 

 

 

その仕事をこなす才能や能力があっても、性格によって、その選択や意思決定が遅れたり、そもそもできなかったりする場合もあります。

 

 

また、性格は、自分や部下が成果を上げる際の2つの重要な要素

 

1.対人コミュニケーションの仕方と言葉遣い

 

2.どの選択を採るか決断し実行すること

 

この2つに非常に大きく影響を及ぼします。

 

 

それぞれ例を交えて簡単に説明します。

 

まず、1.対人コミュニケーションの仕方と言葉遣いの場合

 

例えば、相手のことを思いやり、人格を攻撃することなく、相手の能力や可能性を認め、褒める性格を持った人がリーダーとなってマネージメントを行うと、部下はリーダーに絶対的な信頼を寄せ、リーダーのために成果を上げるように奮闘します。

 

逆に、理不尽を押し付け、人格を攻撃し、嫉妬深く、猜疑心が強い人がリーダーが部下を持つと、部下に対してきつい言葉遣いや人格否定の叱責、挙句の果ては部下の手柄さえ横取りするため、成果の停滞や下落、部下が大量離職したりします。

 

明治維新の元勲の一人、西郷隆盛は非常に大らかな性格で、部下に対して慈愛を含んだ眼差しと言葉でもって応えたそうですが、もしも彼が激高しやすい性格だったり、躁鬱の気があったならば、あれほどの求心力は無く、そもそも明治維新は失敗していた可能性もあるとすら言われています。

 

 

人の性格が対人コミュニケーションと言葉遣いを決定します。

 

先例のように、それが素晴らしいものであればあるほど、周囲の人たちや部下の能力やモチベーションを伸ばし、かつ良い雰囲気を作りますが、悪ければ悪いほど、周囲の人たちや部下の能力やモチベーションを下げ、かつ悪い雰囲気を作ります。

 

特に、上位の役職のリーダーになればなるほど、その影響力、部下の数ともに増えていくため、必要とされる性格の基準もまた高くなります。

 

 

 

次に、2.どの選択を採るか決断し実行することの場合

 

例えば、あらゆる分析をした上で、成功するか失敗するかは五分五分の大きなプロジェクトの選択肢には

 

現状維持に努め、そもそもチャレンジしない

 

リスクを採ってチャレンジする

 

以上2つの選択肢があり、意思決定するリーダーの性格次第でどちらの選択肢を選ぶかが分かれます。

 

 

議論を重ね、徹底敵に考え抜き、あらゆる選択肢を候補に上げ、どのような結果になるか検討され尽くした後に、どのような意思決定を行うのか。

 

それは、最終的にそれを行う人の才能や能力

 

 

ではなく、性格に左右されます。

 

 

先の例で、リーダーがそれを行う才能や能力があったとしても、あまりにも臆病すぎる性格だったり、あまりにも優柔不断な性格であれば、その意思決定が遅れたり、あるいはできなかったりします。

 

卓越した成果を上げたリーダーや、そのリーダーたちに率いられることで大きな成果を上げた人たちは星の数ほど存在しますが、彼ら彼女らがその性格でなければ、その成果を上げることはできていません。

 

 

卓越した成功を収めたすべてのリーダーに共通すること……

 

それは、先の1に加え、その役職や役割に最適な性格を持っている人を配置し、その力を十二分に発揮させたことです。

 

それさえできれば、その性格適正を持たない人が犯す可能性がある劣悪なマネージメントや、選択と意思決定の遅延や拒否を確実に回避し、彼ら彼女らの何倍、何十倍もの成果を上げることができると言っても過言ではありません。

 

 

 

時代や業種に関係なく、昇進させた部下がみな卓越した成果を上げた、また、新しく迎え入れた人がみな即戦力となった、数多くのリーダーの手法が共通のものであることから…

 

彼ら彼女らが一貫して守っていた「その役職や役割に最も敵した性格を持つ人」の基準には、このプログラムで伝えている「基準」が存在し、それらに従えば、「誰でも」そのような人材を、見つけ、配置することを「模倣」「実践」することが可能です。

 

 

 

また、会社で目的を達成するために、最も重要なファクターが3つ存在します。

 

 

それは

 

目的を達成するために必要な、そして、会社の存続のために必要な「金」

 

目的を達成するまでにかかる「時間」

 

目的を達成するために必要な「労力」

 

 

この3つです。

 

 

この「方法01.成功者の人事の秘密」は3つのチャンスを創ります。

 

 

その三つのチャンスとは

 

 

今までに誰をその地位に就かせるかわからないがために使っていた

  

金を遥かに抑え、かつ今まで以上の金を生み出し

 

かつ

 

達成までの時間を遥かに短くし、労力を格段に減らせる

 

というチャンスです。

 

 

最後にもう一度…

 

全ての人には必ず何かしらの才能や能力があります。

 

部下一人一人の成果は「才能や能力、そして性格に最も適した役職や役割」に差配できるか否かで、大幅に上がることもあれば、目も当てられないくらい下がることもあります。

 

部下一人一人の才能と能力、そして、性格特性を見抜き、本当に効果的な人事ができれば、卓越した成果を上げる近道になります。

 

時代を問わず、卓越した成果を上げたリーダーたちは、部下が上げる成果と才能や能力、そして性格の関係性と重要性を知っていたため、あらゆる手段を使ってそれを見抜き、最も適した役職や役割を差配することにとてつもない力を入れていました。

 

 

2000年前より今に到る、あらゆる分野の卓越した成功を手に入れたリーダー…

 

その中でも、昇進させた部下がみな大きな成果を上げ、新しく迎え入れた人がみな即戦力となった、組織のリーダーは共通して

 

 

その役職や役割に最も適した「才能」、「能力」、「性格」を持った人を見つけ、差配する能力

 

この能力が高いレベルにあったことがわかりました。

 

リーダーたちは、その役職や役割に必要な能力を持っている人に任せたことで、その人たちは大きな成果を上げ、それによって、各々のゴールを最短で達成かつ維持継続しています。

 

 

そして、その「才能」、「能力」、「性格」の適した人は、このプログラムで伝えている「基準」があり、それらに従えば、「誰でも」そのような人材を、見つけ、配置することを「模倣」「実践」することが可能なのであることも。

 

 

卓越した成果を手にし、その成果の維持継族をするために…

 

業種や規模に関係なく、その地位に就けることで大きな成果を上げる人を昇進させ、即戦力となる新入社員を雇いたい経営者である「あなた」

 

「方法01.成功者の人事の秘密」では、2000年前より今に至る、昇進させた部下がみな大きな成果を上げ、新しく迎え入れた人がみな即戦力となったリーダーに共通する、成功を支えた「人事の秘密」の中でも、「現代の企業経営者が、模倣かつ実践できるもののみ」を抜粋した内容をお伝えします。

 

 

講座内容

 

☆0.成功者の人事の秘密

 

  -1.才能と能力に対する認識

 

   -a.リンカーンを筆頭にした例

 

  -2.性格に対する認識

 

   -a.ヘンリー・フォードを筆頭にした3人の例

 

  -3.能力に対する2つの最重要認識

 

 

☆1.それぞれの役職で「卓越した成果を上げる」人の「才能と能力」の共通の基準

☆2.才能と能力を更に伸ばし、安定して発揮させる「性格」の共通の基準

 

  a.経営幹部/部長

  b.課長/係長

  c.主任/一般社員/人事

 


 

価格(税込み)

 

132,000円

 

全プログラムはこのホームページでのパスワード保護された「プログラム提供ページ」と、そのリンク先の「各プログラムの提供ページ」にて、音声によって提供を行っております。

 

ご入金を確認した後に

 

「プログラム提供ページ」 

「各プログラムの提供ページ」

 

この2つのパスワードをメールにてお伝えいたします。


大変申し訳ございませんが、基本的に電話応対は応じておりません。

 

解決内容や対象者、提供方法といったことは、全て説明文中に詳細に記載しています。

 

また、サービスや、よくあるご質問につきましても同様に、リンク先にて記載しています。

 

それでも不明な点等ございましたら、お問い合わせフォームにてご質問をよろしくお願いいたします。