方法03.君主の大衆煽動の方法

卓越した成果を手に入れ「維持継続」するために、全ての部下に高いモチベーションを持ち続けてほしい経営者である「あなた」

 

 

2000年前から今に到る、全ての部下が高いモチベーションを持ち続けていた組織のリーダーたちは、全員が共通して「部下のモチベーションを高め、かつ持続させ続ける方法」を秘密裏に使っていたことがわかりました。

 

そして、その「モチベーションを上げ、持続させ続ける方法」は、同じ方法を用いて成果を上げたリーダーが数多くいることから、とある「方法」に従うことで「誰でも」「模倣」そして「実践」できるものであることも…

 

 

この方法は、彼ら彼女らに共通する、「その役職における、モチベーションを高め、持続させる方法」の中でも、「現代の企業経営者が実践可能なもののみ」を抜粋した内容をお伝えするものです。

 内容に 、過去のリーダーや組織の例を多々挙げていますが、その中に最近のリーダーを入れていない理由は、その大半がまだ存命なため、会社についても同様で、まだ存続しているため、例として詳述することを避けているという理由からです。 

 

実業家だけではなく政治家や軍人、会社だけではなく国家や軍を含んでいる理由は、リーダーとして部下のマネージメントを行い、組織を引っ張っていくことの本質に、ビジネスとの違いは全く存在しないという理由からです。(加えて言えば実業家に比べ、政治家や軍人の方が率いる人数、組織規模、結果が遥かに大きいため、彼ら彼女らから学び模倣できることは非常に多くあります。)

 

※詳細な提供内容、提供時間割と提供時間のリンク、お申込みページへのリンクにつきましては、最下部に記載しています。

「疲れ」「苦しさ」を忘れさせ、人を「前に、前に!」と駆り立てるもの

 

 

それこそが「モチベーション」です。

 

 

モチベーションとは、人が成果を上げるための一番大きな根幹になるものです。

 

 

高いモチベーションは

 

人を積極的にし

 

行動へと駆り立て

 

効率と生産性を上げ

 

より大きな成果をたたき出すことに成功します。

 

 

会社全体の成果は、各リーダーがそれぞれの部下全員のモチベーションに火をつけることができるか否かで、大幅に上がることもあれば、その逆に、上がらないどころか目も当てられないくらいに下がることもあります。

 

 

社員全員のモチベーションを高め、かつ持続させ続けることができれば……

それに伴って、「どうすれば効率と生産性が上がるだろう」と一人一人が考えるため、今まで以上の成果を上げる近道になります。

 

時代を問わず、卓越した成果を上げたリーダーたちは、組織全体の成果と部下全員のモチベーションの関係性と重要性を知っていたため、あらゆる手段を使って、部下全員のモチベーションを高めることにとてつもない力を入れていました。

 

 

2000年前より今に到る、あらゆる分野の卓越した成功を手に入れたリーダー…

 

その中でも、全ての部下が高いモチベーションを持ち続けていた組織のリーダー

 

一例を挙げると

 

アレキサンダー大王、ハンニバル、劉邦、チンギスハーン、エリザベス一世、徳川家康、ナポレオン、フリードリヒ2世、ロックフェラー、カーネギー…

 

以上を筆頭にした人は共通して

 

このプログラムで伝えている「法則」に従って、「役職や部門ごと」に、違う言葉や文書を使って、部下のモチベーションを高め、かつ持続させ続ける方法

 

これを部下たちに気づかれないように秘密裏に使っていることがわかりました。

 

それによって、部下一人一人のモチベーションを高め、持続させ続けたことで、部下は卓越した成果を上げ、それによって、各々のリーダーたちはゴールを最短で達成かつ維持継続しています。

 

 

 

役職ごとに、モチベーションを上げるためのアプローチ手法が大きく異なります。

 

例えば、経営幹部や部長といった経営幹部陣に対するアプローチと、一般社員に対するアプローチは全く異なります。

 

また、一つしか役職の異なっていない主任と、一般社員に対するアプローチもまた異なっています。

 

 

その理由は大きく2つ

 

役職が違えば行う業務内容と責任、影響力も全く異なるから

 

役職の違いに伴って、収入、他者からの承認欲求や自尊心、自己認識、そして価値と信念もまた全く異なるから

 

この2つです。

 

 

役職が上になればなるほど、大きなプロジェクトの立案や、大人数の指揮がメインの業務になり、それとともに責任と、自分が行う選択と意思決定による影響力が大きくなっていきます。

 

その逆に、役職が下になればなるほど、上が立てたプロジェクトを現実のものにするための「実行役」になります。

 

彼ら彼女らは、プロジェクトを達成するためには必要不可欠な存在ですが、行える選択と意思決定にはかなりの制限があります。

 

そのため、責任は大きくなく、また、影響力も大きくありません。

 

 

また、役職が上になればなるほど、収入が上がるとともに、上述したように責任と影響力が大きくなることから、他者からの承認欲求と自尊心が満たされやすくなり、それとともに自己認識、価値観、信念が高まっていきます。

 

その逆に、役職が下になればなるほど、上述のとおり責任と影響力が大きくないことから、上と比べ収入は大きくありません。

 

また、責任と影響力が大きくないことから、他者からの承認欲求と自尊心は満たされにくく、それとともに自己認識、価値観、信念は上の役職の人たちに比べ、低いものになりがちです。

 

 

その役職の人物に対する最適なアプローチができれば、モチベーションが大きく上がり、ひいては、能力、最終的には成果の向上に大きく影響します。

 

卓越した成果を上げたリーダーたちがその成果を出せた大きな要因の一つは

 

その役職ごとに最適なアプローチ手法によって、部下全員のモチベーションを上げることに成功したからです。

 

 

それぞれの部門もまた、モチベーションを上げるためのアプローチ手法は大きく異なります。

 

例えば、経理部に対するアプローチと、営業部に対するアプローチは全く異なります。

 

その理由は大きく2つ

 

部門が違えば、役割も異なり、行う業務内容、考え方と責任、会社における影響力もまた異なるから

 

部門すなわち役割の違いに伴って、他者からの承認欲求と自尊心、自己認識、そして価値観と信念もまた全く異なるから

 

この2つです。

 

 

役割が異なれば、業務内容も全く異なり、それとともに考え方と責任、会社における影響力もまた異なります。

 

また、役割が異なれば、その部署が花形部署かどうかで、他者からの承認欲求と自尊心が満たされるかどうかもまた異なり、それとともに自己認識、価値観、信念もまた異なります。

 

 

その部門全体に対する最適なアプローチができれば、その部門全体のモチベーションが大きく上がり、ひいては、各それぞれの能力、最終的には成果の向上に大きく影響します。

 

卓越した成果を上げたリーダーたちがその成果を出せた大きな要因は

 

各部門ごとに最適なアプローチ手法によって、部門全体のモチベーションを上げることに成功したからです。

 

 

 

 

 

卓越した成功を手に入れたリーダーたち(残念ながら善人だろうと極悪人だろうと関係ありません)が部下全員のモチベーションを上げることができた共通事項に、言葉、または公布する文章の重要性、有用性を知っていて、効果的に使っていたことが挙げられます。

 

 


 

 

彼ら彼女らは

 

1.人は「言葉」または「公布する文章」の内容とそのキーワードがその人に当てはまっていればいるほど、また、それが臨場感があればあるほど、見聞きした人の思考が変わり、それによって、その人のモチベーションを上げることができる

 

2.そして、それを見聞きしている「人数が多ければ多いほど」、群集心理が働き、より簡単に、より効果的に、より意図通りに動かすことができる

 

3.そのために、対象とする人々の「階層」「役割」によって、その内容を完全に変える必要がある

 

この3つの「大衆煽動の真理」を知っていました。

 

 

なので、

 

細心の注意を払って

 

言葉やキーワード

 

文の構成

 

この最も効果的な使い方

 

これらに何重ものチェックをかけることで

 

 

対象とする人に

 

自信を持たせ

 

奮起させ

 

良い未来が来ると思わせ

 

モチベーションを自発的に上げさせる

 

ことが非常に得意でした。

 

 

 

まず、「言葉」の有効性から説明いたします。

 

例えば、キング牧師は「I have a dream…」で知られる演説で、人種差別に対する一石を投げかけ、大衆にそれは間違っていることを知らしめました。

  

カーネギー・スチールの社長に抜擢されたチャールズ・M・シュワッブは、当時のアメリカの有力者が集まったホールで鉄鋼業界再編について語ったスピーチで参加者全員を熱狂させ、アンドリュー・カーネギーのカーネギー・スチールを世界の鉄鋼業界一の規模に押し上げました。

 

 

言葉の最大のメリットとは、その「臨場感」です。

 

 

その言葉を対象とする人が聞いているとき、その人はその言葉を話している人を実際にその場で、あるいはテレビ越しに見ています。

 

そのために、聴覚情報だけではなく、視覚情報も相まって、聞いている人に、あたかも「このひとは自分に向けて話をしている!」と思わせることができます。

 

それに加えて、話者が実際に情熱にあふれながら、身振り手振りを使いながら、目を輝かせながら、あるいは血走らせながら話をすることによって、話者の情熱が聞いている人に迫ってきます。

 

 

そして、その話を聞いている場が実際にその人が話をしている場か、もしくはテレビ越しであっても大勢の人と見ていれば、最初は一部の人が盛り上がり、熱狂していても、「群集心理」によって、その盛り上がり、熱狂はまるで波紋のごとく全体に波及していきます。

 

例えばコンサートや演説。

 

それがあまりにも素晴らしい、または今までの当たり前とは大きく異なっていた場合、終わった直後、すぐには拍手も歓声もなく静まりかえります。

 

ですが、一人が立ち上がり拍手を始めると、つられて2人、3人、10人それが全体に影響して、会場にいる人が一体となって拍手や歓声を送ります。

 

 

「群集心理」はたとえそれが自分の考えとは違っていても、「それに入らなければ自分が仲間はずれにされる」という生物としての防衛本能のスイッチが入るために、その他大勢の人の意見に流され、同調し、自分も同じように熱狂していく中で、自らの考え自体がそれに染まっていきます。

 

もちろん、群集心理に染まらず自分の考えを貫き通す人もいますが、それは全体から見れば極々わずか、0に等しい数です。

 

悪例のなかの好例ですが、大日本帝国時に赤紙を無視した人、当時非国民と呼ばれた人を村八分にしなかった人、表だって戦争に反対した人、ナチスドイツでヒトラーに反対を投じた人、リーマンブラザーズやエンロンにて不正が行われていることを告発した人はいますが、極々わずかです。

 

 

群集心理に染まらず自分の考えを貫き通す人たちは、自分の自己認識、価値観、信念が確固としており、何にも揺らぐことはありません。

 

ですが、大多数の人はそれらがそのレベルでは定まってはいないため、輪から外れること、排斥されることを恐れるために、その時々で最も数が多くかつ強い意見になびきます。

 

 

 

言葉の力とは凄まじく、「群集心理」とともに、使う時と状況、内容とキーワード次第では、ものすごい人数、言うなれば国家規模、世界規模で人のモチベーションに火をつけることすらもできます。

  

ここまで見ると、言葉はまるで完全無欠の魔法の杖のようですが、残念ながら完全無欠とはいかず、言葉による煽動は3つの弱点もまた存在します。 

 

 

 その弱点とは

 

1.言葉は、瞬間の熱狂を作りだす点においては、他のあらゆる手段の中で一番効果的だが、人の記憶という面において、どうしても時間が経つとともに、当時の熱狂や臨場感は薄らいでゆき、最初の熱狂ほどモチベーションを高められない

 

2.それが役割や階層の異なる大多数に向けての場合、自己認識、価値観、信念、考え方の違いから、いかに内容やキーワードを工夫しても、全ての人を奮い立たせる言葉を発信するのは不可能に近い

 

3.毎度毎度、リーダーが直接一人一人のモチベーションを上げるための時間を取ることは、現実的には不可能に近い

 

この3つです。

 

 

 

まず1番目。

 

人は学んだことやその体験を、あたかもその瞬間のように臨場感を持って覚え続けることは、完全映像記憶能力やサヴァン症候群のような特殊な記憶能力の持ち主でもない限り不可能です。

 

なぜなら、「エビングハウスの忘却曲線」という、人間の記憶メカニズムを調査した記憶と忘却の曲線によると、人は学習した内容の約70%を24時間後に忘れ一週間後にもなれば、約80%を忘れるからです。

 

記憶の忘却は、人の精神状態を平穏に保つために設定されている脳機能の一部です。

 

一説によると、人は良い記憶が60%、悪い記憶が30%、どちらでもない記憶が10%という割合で存在しており、この悪い記憶がそれ以上になれば、精神崩壊を引き起こします。

 

それを避けるために、人の脳は積極的に「忘れる」という選択をするように脳が設定されています。

 

 

なので、どれだけその言葉が素晴らしいものであっても、それをその臨場感のまま、その熱狂のまま覚え続けることはほぼ不可能です。

 

 

次に2番目。

 

部長と一般社員では、仕事の内容と責任、収入、そして生活水準は全く違います。

 

なので、自己認識、価値観、信念、考え方が違うために、部長に響く言葉は一般社員には響きませんし、逆もまた同じです。

 

各役割につきましてもまた同様です。

 

その理由は、上記のことが全く違うため、どちらか一方に響く内容は、もう一方には全く馴染みが無いものだからです。

 

 

最後の3番目 。

 

リーダーの重要な業務内容に部下のモチベーションを上げることがありますが、それに加えて、プロジェクトの立案や、大人数の指揮はリーダーにしかできない業務です。

 

自分の仕事もこなさなければならないのに、その都度その都度、部下のモチベーションを上げるためにアプローチをする時間を確保するのは困難です。

 

 

そこで…

 

部下のモチベーションを高め、維持し続けることで、卓越した成果を手にしたリーダーたちの中でも、それに気づいた人たちは、このプログラムで伝えている「法則」に従って、役職や役割によって全く異なる、あたかもトップリーダー自身が言っているかのような「文書」を組織内に広めて、浸透させることによって、自らは動かずに部下のモチベーションに火をつけ、常に高い状態で維持し続けていました。

 

 

 


 

 

 

文書は臨場感の点では言葉には敵いませんが、ある面において言葉に勝ります。

 

それは、文書は永続的に残り、幾度も自分で読み返すことができるという面です。

 

 

先述のように、人の記憶には限界があり、その言葉がどれだけ素晴らしいものであっても、その当時の臨場感、熱狂のまま覚えておくことは不可能です。

 

また役職や役割の違う人すべてを熱狂させることも不可能ですし、その都度部下のモチベーションをリーダーが上げるのも現実的ではありません。

 

 

ですが、文書という「形あるもの」として残しておけば、記憶の劣化に関係なく、リーダーからの言葉によるモチベーションアップのアプローチに関係なく、いつでも読み返すことができます

 

それに加えて、役職や役割が違っていても、それぞれの役職ごと、役割ごとに違う内容の文書を配布すれば、その問題も解決されます。

 

 

その文書が素晴らしいものであることが前提ですが、各々がいつでも自由に読むことができ、役職や役割、リーダーからのモチベーションアップのアプローチに関係なく、読むことで自動的にモチベーションが高まるという面においては、文書は言葉よりもはるかに優れています。

  

 

例えば、大東亜戦争末期の硫黄島の戦い。

 

最高司令官である栗林忠道中将は、訓示と役目を一枚の紙にして、部下全員に持たせることで全部下の意識を変え、アメリカ軍と比べて約5分の1の兵数しかいませんでしたが、戦力差を覆し、受けた損害よりも多くの損害をアメリカ軍に与えることに成功しました。

  

効果的に使えば、文章は、これほどまでに大きな影響力を持ちます。

部下全員のモチベーションを上げ、維持することができれば、モチベーションが低い場合と比べて、何倍、何十倍もの成果を上げることができる可能性も大いにあります。

 

 

そして、時代や業種に関係なく、全ての部下が高いモチベーションを持ち続けていた数多くのリーダーの手法が共通のものであることから…

 

彼ら彼女らが行っていた「言葉や文書によって、それぞれの役職や部門ごとの部下のモチベーションを高め、維持し続ける方法」には、このプログラムで伝えている「法則」が存在し、その法則に従えば、「誰でも」その方法を「模倣」「実践」することが可能です。

 

 

 

また、会社で目的を達成するために、最も重要なファクターが3つ存在します。

 

 

それは

 

目的を達成するために必要な、そして、会社の存続のために必要な「金」

 

目的を達成するまでにかかる「時間」

 

目的を達成するために必要な「労力」

 

 

この3つです。

 

 

この「方法03.君主の大衆煽動の方法」は3つのチャンスを創ります。

 

 

その3つのチャンスとは

 

 

今までに社員や部下のモチベーションを高めるために使っていた 

 

金を遥かに抑え、今まで以上の金を生み出し

 

かつ

 

達成までの時間を遥かに短くし、労力を格段に減らせる

 

というチャンスです。

 

 

最後にもう一度…

 

会社全体の成果は、リーダーによって、社員全員のモチベーションに火をつけることができるか否かで、大幅に上がることもあれば、目も当てられないくらい下がることもあります。

 

社員全員のモチベーションを高め、かつ持続させ続けることができれば、一人一人の生産性が上がるため、卓越した成果を上げる近道になります。

 

時代を問わず、卓越した成果を上げたリーダーたちは、組織全体の成果と部下全員のモチベーションの関係性と重要性を知っていたため、あらゆる手段を使って、部下全員のモチベーションを高めることにとてつもない力を入れていました。

 

 

2000年前より今に到る、あらゆる分野の卓越した成功を手に入れたリーダー…

 

その中でも、全ての部下が高いモチベーションを持ち続けていた組織のリーダー

 

一例を挙げると

 

アレキサンダー大王、ハンニバル、劉邦、チンギスハーン、エリザベス一世、徳川家康、ナポレオン、フリードリヒ2世、ロックフェラー、カーネギー…

 

以上を筆頭にした人は共通して

 

とある「法則」に従って、役職や部門ごとに、違う言葉や文書を使って、部下のモチベーションを高め、かつ持続させ続ける方法

 

これ秘密裏に使っていることがわかりました。

 

彼ら彼女らは、それによって、部下に真意を気付かせることなく、彼ら彼女らのモチベーションを高め、持続させ続けたことで、部下は卓越した成果を上げ、それによって、各々のゴールを最短で達成かつ維持継続しています。

 

業種や規模に関係なく、全ての部下に高いモチベーションを持ち続けてほしい経営者である「あなた」

 

「方法03.君主の大衆煽動の方法」では、2000年前より今に至る、全ての部下が高いモチベーションを持ち続けていたリーダーに共通する、成功を支えた「大衆煽動の秘密」の中でも、「現代の企業経営者が、模倣かつ実践できるもののみ」を抜粋し、「行った方法そのもの」「その使い方」それに加えて、「ご購入者様が学ばれた後にご自分の会社に円滑に適用するための質問」を伝えています。

 

講座内容

 

☆1.これを知ることで煽動の効果が最大限になる「メインテーマ」

 

  -1.煽動が上手か下手かが左右する結果について

 

  -2.煽動を効果的なものにするために最も重要な2つの認識と、その理由

 

  -3.対象に対する2つの観点

 

  -4.3つのキーポイント

 

  -5.観念の階層

 

  -6.[最重要]煽動を最も効果的なものにする「12の法則」

 

  -7.アレキサンダー大王やエリザベス一世を筆頭にした9人の実際の演説例

 

  -8.文章の3つの利点

 

 

☆2.それぞれの役職や役割における、具体的な煽動の法則

 

  -a.経営幹部・部長

  -b.課長・係長

  -c.主任・一般社員

  -d.営業・マーケティング部

  -e.経理・クレーム処理・商品管理部

  -f.技術・商品開発・企画部

 


 

価格(税込み)

 

132,000円

 

全プログラムはこのホームページでのパスワード保護された「プログラム提供ページ」と、そのリンク先の「各プログラムの提供ページ」にて、音声によって提供を行っております。

 

ご入金を確認した後に

 

「プログラム提供ページ」 

「各プログラムの提供ページ」

 

この2つのパスワードをメールにてお伝えいたします。


大変申し訳ございませんが、基本的に電話応対は応じておりません。

 

解決内容や対象者、提供方法といったことは、全て説明文中に詳細に記載しています。

 

また、サービスや、よくあるご質問につきましても同様に、リンク先にて記載しています。

 

それでも不明な点等ございましたら、お問い合わせフォームにてご質問をよろしくお願いいたします。