方法08.成功者の組織全員の能力向上の方法

卓越した成功を「確実に」手に入れるために、会社全員の能力と成果を向上させ、今以上の速さで目的を達成したい経営者である「あなた」のために

 

 

2000年前から今に到る組織全員の能力と成果を高めることに成功し、今まで以上の速さで目的を達成できた組織のリーダーたちは、全員、「共通の法則」に則っていることがわかりました。

 

そしてそれは、その「法則」に従うことで「誰でも」「模倣」そして「実践」できるものであることも…

 

 

この方法は、彼ら彼女らに共通する、「会社全員の能力と成果を高める法則」の中でも、「現代の企業経営者が実践可能なもののみ」を抜粋した内容をお伝えするものです。

 内容に 、過去のリーダーや組織の例を多々挙げていますが、その中に最近のリーダーを入れていない理由は、その大半がまだ存命なため、会社についても同様で、まだ存続しているため、例として詳述することを避けているという理由からです。 

 

実業家だけではなく政治家や軍人、会社だけではなく国家や軍を含んでいる理由は、リーダーとして部下のマネージメントを行い、組織を引っ張っていくことの本質に、ビジネスとの違いは全く存在しないという理由からです。(加えて言えば実業家に比べ、政治家や軍人の方が率いる人数、組織規模、結果が遥かに大きいため、彼ら彼女らから学び模倣できることは非常に多くあります。)

 

※詳細な提供内容、提供時間割と提供時間のリンク、お申込みページへのリンクにつきましては、最下部に記載しています。

会社全員の能力を向上させることができるか否かは、一人一人が上げる成果だけではなく、互いに影響し合うことによって、会社全体の成果にまで左右します。

 

会社全員の能力を向上させることができれば、必然的に一人一人の成果が上がり、能力の高い者同士が互いに協力し合うことで一人一人の成果の合計以上の成果が上がり、卓越した成果を上げる近道になります。

 

時代を問わず、卓越した成果を上げたリーダーたちは、組織全員の能力向上と卓越した成果の関係性と重要性を知っていたため、あらゆる手段を使って、組織全員の能力を向上させることに力を入れていました。

 

 

2000年前より今に到る、あらゆる分野の卓越した成功を手に入れたリーダー…

 

 

一例を挙げると

 

アレキサンダー大王、ハンニバル、劉邦、チンギスハーン、エリザベス一世、徳川家康、ナポレオン、フリードリヒ2世、松下幸之助、チトー、ケネディ…

 

以上を筆頭にした人は共通して

 

1.組織全員の能力を向上させること

 

2.「ヒューマンエラー」を最小限にすること

 

 

この2つの成功が卓越した成果をより確実に手に入れられる近道だと気付き、上手くいかせる「法則」に則って全力を尽くしたことで卓越した成功を手に入れ、その「法則」に「従い続ける」ことで、この2つの成功とともに卓越した成功を維持継続しています

 

だからこそ、彼ら彼女らは、それぞれの能力を向上させることで成果を上げ、かつ、「ヒューマンエラー」を最小限にできたことで、各々のゴールを最短で達成かつ維持継続しています。

 

 

 

1.組織全員の能力を向上させること

 

 

組織全員の能力を向上させることができれば、それに比例して一人一人の成果も向上し、能力の高い人たちがお互いに協力、協調し合うことで、そうでない場合に比べ、何倍、何十倍の成果を上げることもできます。

 

 

例えばアレキサンダー大王は、部下全員に猛訓練を貸し、一人一人の戦力を向上させたことが、マケドニア軍の強さの礎となり、王朝の成功の礎となりました。

 

逆に、壊滅的な敗北を喫した日本軍は、最期にはろくな訓練も受けていない若年兵や壮年兵まで戦局に投入し、そこの戦線が崩壊して、全体の戦局が崩れていく場面も多々ありました。。

 

 

社員全員の能力を向上させること

 

一人一人の能力の向上による、成果の向上

 

能力の向上にともなう効率、生産性の向上

 

以上の向上により、日々の仕事が相対的に簡単かつ短時間でできるようになることによるモチベーションの向上

 

これらも同時に起こり、それによって、「必然的に」会社全体の成果が飛躍的に向上します。

 

 

それに加えて、社員全員の能力を向上させることができれば、人数分の成果が向上するだけではなく、能力の高い人たちがお互いに協力、協調しあうため、今までと比べて、何倍、更に言えば、何十倍もの成果を上げることができる可能性も大いにあります。

 

 

卓越した成果を上げたリーダーは、組織全員の能力を向上させることに成功することで、その成果を手に入れており、時代や業種に関係なく、それを達成できた数多くのリーダーの手法が共通のものであることから…

 

彼ら彼女らが行っていた「組織全員の能力を向上させる方法」には、このプログラムで伝えている「法則」が存在しその法則に従えば、「誰でも」その方法を「模倣」「実践」することが可能です。

 

 

2.「ヒューマンエラー」を最小限にすること

 

「ヒューマンエラー」を最小限にできれば、それが原因で起こる壊滅的な失敗や損失を限りなく0に近づけることができます。

 

 

あなたに知っていただきたいことがございます。

 

それは、大小関係なく、失敗、衰退、成果の低下、その大半は「ヒューマンエラー」によって発生していると言うことです。

 

 

例えば

 

内部機密資料をUSBなどに保管し、個人が社外に自由に持ち出していたことによって発生した情報漏洩や、媒体の紛失

 

社員が会社外部にて、うっかり漏らしてしまった守秘義務のある情報

 

操作方法を間違えたことによる機器の破損

 

過労や睡眠不足により、正常な判断ができない中で下した判断による大失敗など

 

ヒューマンエラーは、仕事を行うのが「人」であるために起こる仕方のないことではありますが、仕方がない、で済まされないような損害を与えることがあります。

 

 

そこまでではないにしても、ヒューマンエラーは

 

日常の業務を滞らせたり

 

やり直しをしたり

 

その人だけではなく、関わる他の人にも影響したり

 

それによって、効率や生産性が落ちたり

 

部署全体の雰囲気が悪くなったりなど

 

上記ほどではないにしても、確実に会社の成果に悪影響を与えます。

 

 

社員全員の「ヒューマンエラー」を最小限にすることは、以上のような人間であるがゆえにどうしても発生する、小さな失敗から壊滅的な失敗までを最小限にとどめ、会社全体の成果の低下を「最小限に」します。

 

 

社員全員の「ヒューマンエラー」を最小限にすることができれば、失敗とそれによる成果の低下を「最小限にとどめる」ため、できなかった場合と比べて、何倍、何十倍もの成果を上げることができる可能性が「より確実に」なります。

 

 

卓越した成果を上げたリーダーは、組織全員の能力を向上させることに加えて、「ヒューマンエラー」を最小限にできたことで、その成果を「確実に」手に入れており、時代や業種に関係なく、それを達成できた数多くのリーダーの手法が共通のものであることから…

 

彼ら彼女らが行っていた「ヒューマンエラーを最小限にする方法」には、「全員の能力を向上させる方法」と同じように、このプログラムで伝えている「法則」が存在し、それらの法則に従えば、「誰でも」その方法を「模倣」「実践」することが可能です。

 

 

以上の2つを成し遂げるために、卓越した成果を上げたリーダー達は明文化しているしていないに関わらず

 

 

このプログラムで伝えている「法則」に則って、組織の全員に対し「そのようになるべき能力の基準」を規定することによって、組織全員の能力を向上させ、かつ「ヒューマンエラー」を最小限にすることに成功しました。

 

 

彼ら彼女らは、このルールによって組織全員の能力と成果を向上させ、卓越した成果を上げていました。

 

 

これは、しばしば国家や軍隊、一部の成長し続けている企業が各個人に意識を持たせ、一体となって苦難に立ち向かったり躍進する時に、主に訓示やルールという形で行っていました。

 

例えば、硫黄島の戦いでは、 攻撃側のアメリカ軍対して、守備側の旧日本軍は5分の1の兵数しかいませんでしたが、最高司令官である栗林忠道中将が創った、ある訓示とルールが全兵士の意識を変え、約5倍もの戦力差を覆し、旧日本軍が受けた損害よりも多くの損害をアメリカ軍に与えることに成功しました。

 

民間の会社でも、とあるアメリカの大企業(存続しているため、社名は記載していません)は全く同じ方法を用いて、社員全員の能力を向上と共に卓越した成果を上げ、その維持継続をしています。

 

 

人は本能的に、どうするべきか、何が正しいのかといった正解や基準を求めます。

  

特に、海外からしばしば「日本人は自分の意見が無い」「日本人は周りがそれを正しいと思っていれば自分もそう思う」などと言われているように、日本人は民族的にその傾向が強く見られます。

 

それは逆に、指針さえあれば、どうするべきか、何が正しいのかなどと考えることなく、社員一人一人が時々に応じて自分の頭で考えて仕事に当たれるため、持てる力を最大限に発揮できるだけではなく、その指針を目指すために、必然的に能力と成果が向上します。

 

 

社員全員に対する「そのようになるべき能力の基準」は、それが練られていればいるほど、上手く設定かつ浸透させることができればできるほど、社員全員の能力を向上させ、「ヒューマンエラー」を最小限にすることに成功します。

 

練り上げられた「基準」を上手く社員全員に浸透させることができれば、目的を達成するための「最短最速の道」をあなたに指し示します。

 

 

 

また、会社で目的を達成するために、最も重要なファクターが3つ存在します。

 

 

それは

 

目的を達成するために必要な、そして、会社の存続のために必要な「金」

 

目的を達成するまでにかかる「時間」

 

目的を達成するために必要な「労力」

 

この三つです。

 

 

この「方法08.成功者の組織全員の能力向上の方法」は三つのチャンスを創ります。

 

 

その三つのチャンスとは

 

 

今までに全社員の能力向上や意識改革、目的の達成へと向かわせるために使っていた

 

金を遥かに抑え、かつ今まで以上の金を生みだし

 

かつ

 

達成までの時間を遥かに短くし、労力を格段に減らせる

 

というチャンスです。

 

 

 

 

最後にもう一度…

 

会社全員の能力を向上させることができるか否かは、一人一人が上げる成果だけではなく、互いに影響し合うことによって、会社全体の成果にまで左右します。

 

会社全員の能力を向上させることができれば、必然的に一人一人の成果が上がり、能力の高い者同士が互いに協力し合うことで一人一人の成果の合計以上の成果が上がり、卓越した成果を上げる近道になります。

 

時代を問わず、卓越した成果を上げたリーダーたちは、組織全員の能力向上と卓越した成果の関係性と重要性を知っていたため、あらゆる手段を使って、組織全員の能力を向上させることに力を入れていました。

 

 

2000年前より今に到る、あらゆる分野の卓越した成功を手に入れたリーダーたちは共通して

 

 

1.組織全員の能力を向上させること

 

2.「ヒューマンエラー」を最小限にすること

 

 

この2つの成功が卓越した成果をより確実に手に入れられる近道だと気付き、上手くいかせる「法則」に則って全力を尽くしたことで卓越した成功を手に入れ、その「法則」に「従い続ける」ことで、この2つの成功とともに卓越した成功を維持継続しています

 

だからこそ、彼ら彼女らは、それぞれの能力を向上させることで成果を上げ、かつ、「ヒューマンエラー」を最小限にできたことで、各々のゴールを最短で達成かつ維持継続しています。

 

 

卓越した成果を手にし、その成果の維持継族をするために…

 

業種や規模に関係なく、会社全員の能力と成果を向上させ、今以上の速さで目的を達成したい経営者である「あなた」

 

「方法08.成功者の組織全員の能力向上の方法」では、2000年前より今に至る、組織全員の能力と成果を高めることに成功し、今まで以上の速さで目的を達成できた全てのリーダーに共通する、成功を支えた「能力開発の方法」の中でも、「現代の企業経営者が、模倣かつ実践できるもののみ」を抜粋し、「行った方法そのもの」「その使い方」それに加えて、「ご購入者様が学ばれた後にご自分の会社に円滑に適用するための質問」を伝えています。

 

 

講座内容

 

☆0.7つの大きな目的

 

  -1.社員全員の能力の底上げ

  -2.理想の社員にする

  -3.自発的に動く社員にする

  -4.社員の能力を均一化する

  -5.効率と生産性を上げる

  -6.ヒューマンエラーを減らす

  -7.社員全員の意識を変える

 

 

☆1.上記を実現可能にする「6つのルール作成の法則」

 

☆2.上記を達成するためのルール作りを最も効果的なものにする「9つの法則」

 

☆3.さらに効果的なものにする「4つの言葉の使い方」

 


 

価格(税込み)

 

77,000円(10%)

 

全プログラムはこのホームページでのパスワード保護された「プログラム提供ページ」と、そのリンク先の「各プログラムの提供ページ」にて、音声によって提供を行っております。

 

ご入金を確認した後に

 

「プログラム提供ページ」 

「各プログラムの提供ページ」

 

この2つのパスワードをメールにてお伝えいたします。


大変申し訳ございませんが、基本的に電話応対は応じておりません。

 

解決内容や対象者、提供方法といったことは、全て説明文中に詳細に記載しています。

 

また、サービスや、よくあるご質問につきましても同様に、リンク先にて記載しています。

 

それでも不明な点等ございましたら、お問い合わせフォームにてご質問をよろしくお願いいたします。