会社やリーダーの業種や規模に関係なく「模倣かつ実践できる理由」と、他社との2つの大きな違いについて


会社やリーダーの業種や規模に関係なく「模倣かつ実践」できる理由

人類の歴史は、存在していると判明している時代までさかのぼると約7000年前から存在しており、その中でも、正確性の高い資料が残っている時代は約2000年前からとなります。

  

その約2000年前から今に到るまで、東洋、西洋関係なく成功、失敗した企業、国家、軍隊、非営利組織などのあらゆる組織。

 

そして、それらを率いるトップリーダーだけではなく、幹部や現場指揮官など全てのリーダーを調べてみると…

   

「卓越した成功とその維持継続」、その逆に、「壊滅的失敗」国の東西、時代、組織の業種や規模に関係なく、不思議なほどに共通の「法則」といったものが存在し、それを行うことでその結果へと至っています。

 

   

弊社は、2000年前より今に到るリーダーや組織を徹底的かつ多角的にに調べたことにより

 

その卓越した成功を手に入れた共通の「方法」の中でも、「現代の企業」が「模倣かつ実践」できるもののみを提供しています。

 

 

業種に関係なく「模倣かつ実践」できる理由

 

会社で成果を上げるために必要なこと

 

例えば……

 

人事

 

モチベーション

 

効率

 

生産性を向上させる組織システムやマネージメント

 

全員の意思統一

 

能力向上

 

意識改革

 

組織の雰囲気を良くすることetc……

 

これらは業種に関係なく共通のものだからです。

 

例えば、飲食業、IT業、銀行業、建設業、不動産業、はたまた企業ではなく、官公庁や軍隊など、業種も行うことも全く異なりますが……

 

人が人を率いるということに違いはありませんし、各それぞれに目的の違いはあれど、その目的を達成するために各リーダーたちが適切なマネージメントを行い、部下一人一人のモチベーションと効率、生産性を上げることや、意思統一、能力向上、意識改革、また、それらを円滑に行うための人事や組織システムは、業種に関係なく全ての組織が行います。

 

そして、先述のとおり、大きな成功を収めたリーダーたちの手法は、業種や組織規模に関係なく共通のものなので、「模倣かつ実践」することができます。

 

 

会社規模に関係なく「模倣かつ実践」できる理由

 

彼ら彼女らは卓越した成功を手に入れた後で「共通の方法」を使っているのではなく、吹けば飛ぶような組織の立ち上げ当初から「共通の方法」を用いて成功し、その後も一貫してその方法を用い続けることで、その成功を維持継続しているからです。

 

なので、零細、中小、大企業の会社規模に関係なく「模倣かつ実践」することができます。


他社との「2つの大きな違い」

 

その1.他社の解決案との「大きな違い」と、他で手に入るか否かについて


弊社の全ての「方法」は「卓越した成功を手に入れたリーダーが実際に用いていた、あらゆる業種、あらゆる会社規模で「模倣し実践」できる「共通の方法」という知的財産を、それぞれの目的に応じてパッケージ化したもの」です。

 

コンサルタントのように、その人と顧問契約を行い、実際にクライアント様の元に出向いて、その業界にのみ特化した解決案を提供することとは、分野、種類が根本的に異なります。

 

コンサルタントとは「実際にクライアントの元に出向き、自分の経験と知識を基盤として、その業界のみに特化した採決案を提示する人」ですが、これには一つの弱点が存在します。

 

それは、そのコンサルタントの「経験という最も強い主観」を通した見方によって提供される内容は、どうしてもその人の主観や意見が入ることです。

 

大半のコンサルタントのように、経験という主観的なものを基盤としたものは、それとともに知識の背景があっても「経験という最も強い主観」によるフィルターがかかっています。

 

なので、内容を作る際に自分の経験や主観にないものは、そもそもの理解ができない

 

または、自分の価値観が崩れるために理解を拒絶するため、それを意図的に削除し、その内容はコンサルタントの経験の範疇を超えることは非常に難しいものがあると言わざるを得ません。

 

 

また、成果が上がるかどうかは、そのコンサルタントの経験を通して作られた内容が

 

依頼した会社やリーダーの価値観

 

その価値観に則して行われる日々の業務に合う

 

この2つに大きく左右され、合う場合は大きな成果が見込めますが、合わない場合は成果は見込めません。

 

 

弊社の全ての「方法」は、創業者の経験の一切を排除し、「2000年前より今に至る卓越した成功を手に入れたリーダー」という膨大な調査対象の中から

 

彼ら彼女らが実際に行っていた方法の中でも、「時代や業種、組織規模に関係なく共通して行っていたもの」のみを抜粋

 

その中でも「現代の企業が模倣かつ実践できる方法のみ」を、それぞれの専門の内容ごとに分けて、より詳しく編纂したもの※を提供しています。

 

※例えば、成功や失敗の法則、凄まじい成果を発揮する人事、モチベーションや効率や生産性を上げる組織システムやマネージメント、ビリオネアたちの販売の戦略と戦術など

 

上記の通り、提供する内容は、彼ら彼女らが共通して実践していた方法を、現代の企業に使えるもののみを抜粋したものなので、創業者の経験と言うフィルターは限りなく0になっています。

 

 

そして、弊社の「方法」に類似したものが他社にあるのでは? と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが…

 

2000年前より今に到るリーダーや組織の中から、卓越した成功を手に入れ、維持継続したリーダーが「共通して行っていた方法」を、業種や規模に関係なく」「現代の企業が模倣かつ実践できる」ように編纂したものは、弊社以外には存在しないと断言でき、非常に特殊性の高いものになります。

 

そのため、卓越した成功を手に入れたリーダーたちの「方法」をご自身の調査で手に入れようとすると、凄まじい時間と手間(時間にして7000時間は軽く超えます)がかかり、また、大変申し上げにくいのですが、それを行ったとしても「方法」を発見することは恐らく不可能です。

 


他社との「2つの大きな違い」

 

その2.「適用できる会社の規模や業種」の違いと2つの理由について


弊社が発見した、卓越した成功を手に入れたリーダーたちの「方法」は、会社規模、業種に関係なく、使用できます。

会社が新しい考えや方法を導入する場合、問題が3つあります。

 

1.適用する会社規模の大小によって、効果が出る場合と出ない場合がある

 

2.適用する会社規模の大小によって、その方法が使える場合と使えない場合がある

 

3.適用する会社の業種次第で、その方法が使える場合と使えない場合がある 

 

という3つの問題です。

 

例えば、大会社が何億もかけて行うマーケティング方法は個人会社では使えませんし、派遣業のノウハウが、小売業に使えるとは限りません。

  

手法には適用する会社規模の大小、業種の違いによって、効果の出る出ない、使える使えないがある場合が存在しますが…

 

 

弊社が発見した、卓越した成功を手に入れたリーダーたちの「方法」を適用するのに、会社の規模の大小、会社の業種も関係ありません。

 

それには、適用する会社規模や業種に合わせて、「方法」の使い方を変えるだけです。

 

 

なぜ規模や業種に関係なく適用可能かといえば、2つの理由があります。 

 

1.組織規模や業種を問わず、卓越した成功を手に入れ、維持継続したリーダーや組織がまだ始めたばかりの頃から、最終目的を達成した時までを調べて組み込んでいるから

(さらに言えば、彼ら彼女らは吹けば飛ぶような組織の立ち上げ当初から、共通の「方法」を用いて成功し、その後も一貫してその方法を用い続けることで、その成功を維持継続しています)

 

 

2.卓越した成功を手に入れたリーダーたちの「方法」

例えば、社員の人事、モチベーション、効率、生産性を向上させる組織システムやマネージメント、全員の意思統一、能力向上、意識改革、組織の雰囲気を良くすることなど

は、業種、組織規模、時代に関係なく不思議なほどに「共通性」があるから 

 

以上の2つです。

 

また、全ての「方法」は、それぞれの特定の願望を達成するべく構成されたものなので、適用しても、リスクや反動は生じません。

 

※会社が小規模のクライアント様につきましても、今後の成長を見越して「方法」を適用されると、より円滑に進めると推測します。